デスティニーラバーズ 9巻の内容ネタバレと感想【マガポケ】

漫画『デスティニーラバーズ』第9巻のネタバレと筆者の感想をまとめたページです。

読みたい項目をタップ

9巻 本編ネタバレ

槍人となった藤代

藤代はさやかと本番に至ったため、リア獣になるかと思いきや槍人になったことが明かされます。
どうやら愛し合う2人でセ〇クスすることこそが、リア獣化を避ける唯一の方法のようです。

聖女機関の本来の目的

聖女機関は本来、ウイルスの研究が目的で作られた組織であることが大童の口から語られました。
5年前、ロシアに巨大な隕石が落下し、そこから未知のウイルスを発見。このウイルスが男に作用するリア獣化の根源です。

大童の父は研究に携わり無害化の道を探していたようですが、
施設での不運が重なり世界中にウイルスが流出し、パンデミックが起こる結果となって今に至ります。

秋穂はかつて大童の父の部下だったみたいです。

第一の関門”究極銭湯”

ついにレジスタンスと聖女機関の最終決戦が開始。
レジスタンス側からは藤代・大河原・匠馬の3人が代表して、聖女機関が仕込んだ5つの関門に挑戦します。

9巻では第一の関門”究極銭湯”での物語が描かれています。
30分間、銭湯内にいる5人の女子たちから誘惑されながらも挿入しなければクリアです。

藤代は前作『デスラバ』に登場した懐かしきキャラクター・蜜子。
大河原は、新キャラ・三宅三姉妹。
匠馬も同じく新キャラ・胡莎花を相手に絶えなければいけません。

しかし莎花は聖女機関が作った最強人類の1人ということもあって性技を極めており、匠馬は早速ピンチに。
大河原も三姉妹に容赦なく責められ、挿入したいと懇願します。

藤代はこの日のためにさやかとのイチャイチャという名の性技の特訓を積んでいたようですが、それでも蜜子のテクニックが上回ります。
——結果、中ではないものの発射してしまいました。

9巻 感想レビュー

9巻は、どのように藤代たちが第一の関門である究極銭湯を攻略するのかが見どころとなっていました。いつものことながら攻略の仕方が面白いの一言に尽きます。

デスラバから読んでいる筆者からしてみれば、蜜子の登場は嬉しかったです。他のメンバーはいつ登場するのだろう……。

ちなみに今回の9巻の表紙、マガポケから読んでいる読者でなかったら、誰なのか一切見当が付かないと思うんですよね。

正解は今回、究極銭湯で初登場する胡莎花という聖女機関側の人間です。読み方はコシェンファ。男口調で日本語はペラペラです。

おまけ漫画でも彼女とマッサージ店にやってきた男性客とのセ〇クスシーンが描かれていて、エロさMAX。彼女は名器らしく、男は挿入した瞬間にイっていました。

本編でも匠馬との攻防がエロく描かれているので、表紙に惹かれた方はおすすめですよ。

無料で読む方法

コミック.jp 初回30日間無料体験

『デスティニーラバーズ』は、電子書籍ストア「コミック.jp」にて1冊無料で読むことが可能です。初めて利用するユーザーを対象にした初回30日間の無料お試し期間を設けており、登録後に1,200円分のポイントをGETできます。

この1,200ポイントを使用することによって、『デスティニーラバーズ』1巻から最新刊までの好きな1冊が無料です。電子書籍版でもあるため、里桜たちの乳首の海苔が取れた無修正版で楽しむことができます。

もちろん読み終わった後、30日以内に解約すれば実質的に0円で利用可能です。極力お金を掛けずにかつ無修正で『デスティニーラバーズ』を読んでみたい場合は利用してみてください。

※いつでも退会できます。

関連記事

本編ネタバレ記事
デスティニーラバーズ
全巻ネタバレまとめ
1巻2巻3巻4巻5巻
6巻7巻8巻9巻10巻
最新話ネタバレ記事
106話107話108話109話110話
111話112話113話114話115話
116話117話118話119話120話
その他の関連記事
無修正版を無料で読む方法

人気記事

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
読みたい項目をタップ