君は冥土様。3巻の内容ネタバレと感想【サンデーうぇぶり】

あらすじ|勝田ソースに目がない雪。生き別れの妹の情報を得るべく、グレイスに協力を仰ぐ。一方、人好や雪が通う小木曾高校では「体育祭」「文化祭」「音楽祭」の3大祭を掛け合わせた”勝田祭”が執り行われることに。体育祭の項目に雪と、彼女と友達になりたいと思っている日陰ナカが参加する。

読みたい項目をタップ

3巻 本編ネタバレ

とあるラーメン屋にいる人好、雪、グレイスの3人。
雪は生き別れの妹・花(フゥア)を探しており、情報を得ようとグレイスに協力してもらうことに。そのため、彼女にラーメンを奢っているようです。

また、グレイスがあっという間に出されたラーメンを平らげる中、雪は大好物の勝田ソースをマイボトルに入れており、ラーメンにソースを投入します。

大将いわく、最近は雪のために勝田ソースを置く店舗も出てきているみたいです。

とはいえ、ラーメンにソースを入れたことによってボトルの中の残りが少なくなってしまったうえに、売り切れてもいたことから勝田ソースを手に入れられるのは1週間後とのこと。雪、ピンチ!

後に残り少ない勝田ソースを全てぶちまけてしまう出来事が起こり、夢の中で雪は勝田ソースにもう僕のことを舐めさせてあげないと言われてしまいます。

勝田祭前と日陰ナカ

人好と雪が通う小木曾高校にて勝田祭が開催されます。勝田祭は学校の定番行事である「体育祭」「文化祭」「音楽祭」の総称。
クラスごとにランキングが存在し、3大祭の総合順位で色々な特典が付いてくるようです。

優勝クラスの特典の1つに特別製の勝田ソースが贈呈されることを知った雪は、よだれが出るほど勝田ソースに憑りつかれています。

そんな中、とあることが原因で雪は体育祭に出られない状態であるとグレイスに告げられるも、日陰ナカという同じクラスの女子生徒の活躍によって出場できるようになりました。

ちなみにナカは300年の歴史を持つ忍者一族・日陰家の小柄なお嬢様です。

日陰流武術の正当後継者である兄の日陰 武(タツ)がいますが、かなり厳格な人物。妹のナカにも武術の稽古中に厳しい言葉を浴びせます。

ところが武は、ナカのことを溺愛している心優しいお兄ちゃんだったのです。

勝田祭開幕!

物語の後半では、世界的歌手のNazcaをゲストに招き、勝田祭の名物である文化合戦が行われることに。

生徒会長でもある武と鰀目姉弟が鬼となり、雪やナカを含めた多くのクラスの生徒を相手にケイドロを行う様子。
そして人好と雪がクリスマスデートする様子も描かれています。人好の感情に変化が?

3巻 感想レビュー

今回も安定した面白さ!ここまで読んできた中で一番声に出して笑える場面が多かった物語でした。

前半は雪がどれだけ勝田ソースを愛してやまないかがよく分かる内容、後半では勝田祭と今回新しく登場した日陰兄妹が人好たちに関わってくる内容となっています。

日陰武の妹・ナカが可愛らしく読者の心を鷲掴みにするキャラクターだったのですが、それ以上に兄の武の存在感が良い意味で強すぎますね。

彼は日陰家の正当後継者であり小木曾高校の生徒会長でもあり、体重は100㎏を超えており身長も2m以上と、とんでもない巨漢です。

さらには厳格な人物なので、ナカも近寄り難い兄となっているわけなのですが……なんと、妹のことを可愛い大切なナカちゃんと溺愛するほど極度のシスコンであることが判明!

もちろんこのことはナカを含めた他の誰にも悟られていません。

もし本作の人気キャラ投票なんて企画が行われた際には、女性キャラが日陰ナカ、男性キャラが日陰武。この2人がそれぞれ1位、もしくはランキングの上位に来ることは間違いないでしょう。

それほどまでにどちらも魅力的なキャラクターです。ただ、他の登場人物も濃いので、人気キャラ投票が行われれば誰に入れようか決められなさそう。

とにかく、今までで読んだ中で一番面白かった物語と言える内容でした。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
読みたい項目をタップ