魔都精兵のスレイブ 9巻の内容ネタバレ【少年ジャンプ+】

漫画『魔都精兵のスレイブ』第9巻のネタバレページです。

読みたい項目をタップ

9巻 本編ネタバレ

66話 東家の夜

日万凛に完敗した誉は、日万凛が大切にしている優希を体で誘惑して奪ってやろうと考え、彼が泊まっている部屋の中に足を踏み入れます。しかしそこに優希の姿はなく、誉と同じように優希をからかいにきた海桐花がいたのでした。

肝心の優希は異空間で日万凛と一緒に、風舞希から戦いを指導してもらっています。スレイブ状態の優希の鎖に触れたことで風舞希にも貸し出しが発動する展開に。

67話 母娘とスレイブ

風舞希が主となった優希の形態は“無窮の鎖・肉弾”。某人気漫画の主人公が食べた悪魔の実の如く、ゴムのような体質となっています。日万凛からハチミツを口移し、風舞希の谷間にあるハチミツを舐め取るシーン(ご褒美)あり。

優希と日万凛の居残り訓練が終了する一方で、天花は隠れ里にいる青羽と会っていました。これまでにも何度か会っているようで、青羽たちとの信頼関係も築き上げることができています。

68話 スレイブの晩夏

海水浴場に来た優希たち七番組と天花。朱々は距離を縮めるチャンスだと踏み、“玉体革命”で自分の胸だけを大きくし、優希に押し当てます。恥ずかしさのあまり逃げ出す優希に効果はてき面だったと確信。

今日という日のために色々と策を練っていたみたいですが、優希に以前よりも可愛くなったねとの不意打ちの言葉に、全ての策が頭の中から吹っ飛んでいってしまう朱々でした。

69話 強くなる鎖

京香は優希を色々な人に貸し出したことで、基礎形態が強くなっていることに気が付きます。京香に歯磨きしてもらうシーン(ご褒美)あり。

それならと優希はどんどん自分の貸出を提案するものの、浮かない顔の京香。組長1人ひとりに優希が騎乗される夢を見た京香は飛び起き、胸の苦しさを感じます。

深夜の浜辺を歩いていると優希に出くわしますが、やっぱりできる限りは京香さんと組みたいと言われ、京香は嬉しそうな表情を浮かべます。京香に首筋を舐められるシーン(ご褒美)あり。

70話 現世での異変

八雷神が現れたのか緊急事態で優希と京香は十番組の拠点にいました。優希は廊下でどういうわけか八番組組長のワルワラ・ピリペンコに睨まれ、夜雲や天花とも遭遇。

組長会議ではここ数日、女性が次々と行方不明になっている事件についての議題が取り上げられ、八雷神の空折が黒であると掴んでいるよう。二番組組長の美羅と京香たちが対応する流れとなりました。

71話 横浜にて

現世の横浜にて、警察と連携して作戦を練っている京香たち。京香・美羅・優希の3人で横浜を散策した晩、ホテルで眠りについていた優希は、目を覚ましフラフラと京香を探しに行こうとします。

ところが浴室から素っ裸の美羅と出くわしてしまい彼女に殺されると絶望しますが、何もされなかったことに安堵。裸を見られた美羅は赤面しており、性には初心な感じです。

翌日、空折のいるアジトへ乗り込んでいた優希たちは、三吉鬼というアジトの番人のような存在である醜鬼と対峙することになります。

72話 二番組 組長

もう一体別の醜鬼ともやり合うこととなった優希たちでしたが、無事に行方不明だった女性たちを救いました。2体の醜鬼も打ち負かし、美羅が組長である所以の強さが分かる回です。

73話 神の思惑

アジトの中に入った優希たちは、誘拐犯の空折を探すものの中には誰もいません。このことを報告してくると美羅は外に出ていき、その隙に京香は能力を解除します。京香が裸になって怪我がないか優希に見てもらうシーン(ご褒美)あり。

何も知らずに戻ってきた美羅はご褒美中の2人を見てしまい、全身をぷるぷると震わせて顔を真っ赤に。念のため優希に京香と付き合っているのか聞き、付き合っていないと返答してもらえたものの信じ切れてはいない様子です。

それから優希は一休みしようとホテルのベッドで寝転がっていましたが、すぐ横に空折がいることに気付きます。しかし声を上げれず体も動けなくされており、強引に交合させられそうになってピンチです。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
読みたい項目をタップ