十字架のろくにん 90話の確定ネタバレと感想【マガポケ】

漫画『十字架のろくにん』第90話のネタバレと筆者の感想をまとめたページです。

読みたい項目をタップ

90話 前回おさらい

千鶴は20歳、大学生となっていました。

そして彼女の大学では現在、“ジュージカさん”と呼ばれるSNS上の存在でもちきり状態。
ジュージカさんにDMを送ると何でも願い事を叶えてくれるそうですが、正体は依然として不明のままです。

一度も彼氏ができたことのなかった千鶴に、モテ期が到来。
大学の同級生や中学生、バイト先の店長の3人から言い寄られていました。

千鶴は自分がいつの間にかジュージカさんにDMを送っていたのかな、と——。

そこへ友人である愛美が思いつめた表情で現れ、千鶴に相談があると言い出します。
相談内容とは、殺したい人がいるとのことでした。

90話 本編ネタバレ

千鶴は愛美に誰を殺したいのか尋ねると、やはりその相手とは店長のようです。

良い人と思い込んでいる千鶴に対して、それは店長の本性を知らないからだと。愛美は半年ほど前、店長にシャブを打たれてそのまま犯されていたのです。

警察に突き出してやろうと考えるも一度シャブを打たれてしまったがため依存症となり、何度も店長に求めるように——。愛美の肘辺りには痛々しい注射針の跡がたくさんあります。

どうしたら愛美を助けられるか考える千鶴。駄目元でジュージカさんにDMを送ることにしました。

しかし別の方法がないかも模索しようとするものの、夜が明けても良い案は浮かばず。そんなとき、スマートフォンの通知音が鳴り、画面を見るとジュージカさんからメッセージが届いていました。

つづく——。

90話 感想レビュー

愛美が殺したい相手は、店長で間違いなかったみたいですね。

もう復讐という作品の本題とは別の路線に進んでしまっている感が否めませんが、店長が思っていた以上にやばい存在で失笑。事務所のロッカーには、大量の性玩具やこれまでレ〇プしてきた女性の写真がありました。

ともかく、89~90話の流れから今後しばらくはジュージカさんを頼って店長を殺害する展開になると予想できます。

千鶴が駄目元で送ったDMに返信もあり、最後のコマでジュージカさんから指定の場所に来てくださいとのことだったので、いよいよ正体が分かるのかもしれません。

それと、同じ最後のコマで千鶴のスマートフォンの画面に”6月”という月だけ見えていたんですが、これは作品タイトルの『十字架のろくにん』と何かつながりがあるのかないのか、個人的に疑問をいだいた部分でした。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
読みたい項目をタップ