十字架のろくにん 94話の確定ネタバレと感想【マガポケ】

漫画『十字架のろくにん』第94話のネタバレと筆者の感想をまとめたページです。

読みたい項目をタップ

94話 前回おさらい

帰ってきた千鶴を狙ってシャブ漬けにしようと企んでいた店長でしたが、ジュージカの北見と漆間によって阻止されました。

北見と漆間はそんな店長を殺すため、病院内の一室で拘束。
訳が分からないまま、店長は漆間の手で殺害されました。

川奈が後処理をする中、一仕事を終えた北見の口から、嘘か真か漆間が記憶喪失であることが発覚します。

94話 本編ネタバレ

千鶴が店長の永井に襲われ、そして永井が漆間たちに処刑された日から2週間が経過。

ワクワクバーガーの新しい店長として、永井と同年齢ぐらいの男性が赴任してきました。
愛美は懲りずにひっそり赴任してきた店長、かっこよくない?と千鶴に言って連絡先まで交換しそうになっており、千鶴に怒られています。

そんな愛美ですが、すっかり元気を取り戻し、薬物依存の治療を始めたみたいです。

千鶴は2週間前に助けてくれた人物が本当に漆間だったのか、それを確かめるべく北見たちのいる雑居ビルに向かいました。

そこで漆間と再会を果たせたものの、漆間は千鶴のことを覚えておらず……。
本当に記憶喪失のようです。

千鶴はその事実に驚くと同時に漆間が記憶を取り戻すまで待っていると——。1枚の紙切れを渡して帰っていきます。

紙切れには千鶴の電話番号とジベドリちゃんが描かれており、それを見た漆間は高校時代の千鶴のことをほんの一瞬思い出しそうになります。

一方その頃、立入禁止のドアプレートが掛けられた部屋の中では、北見が高校生時代の漆間の事件資料を眺めていました。

つづく——。

94話 感想レビュー

漆間は本当に記憶喪失なのか、ただの演技ではないのか、そう思われていましたが本当に記憶喪失だったようです。

また話は前後しますが、愛美はとりあえず店長から解放されて薬物治療を始めたみたいで何より。新しい店長にアタックしようとしていて心配ではありますが!

とにもかくにも店長の件はこれで片付き、次はいよいよ漆間の記憶喪失について知ることができるかもしれません。北見という男も、何か怪しいですね~。

ちなみにこれは余談ですが、Twitterでワクワクバーガーと検索すると、あの永井飛鳥店長のアカウントがヒットすることに気が付きました。

以前から『十字架のろくにん』のアカウントはちらほらと見かけましたが、まさか店長のアカウントまで開設されているとは。

もちろん公式ではなく読者が作成したものですね。作中ではすでに殺された故人のはずなのに、ジュージカさんのアカウントの妬みツイートをしているのは素直に面白いです。

興味のある方は、Twitterで「ワクワクバーガー」と検索してみてください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
読みたい項目をタップ