場地圭介からの手紙 4話の確定ネタバレと感想【東京卍リベンジャーズ】

漫画『東京卍リベンジャーズ~場地圭介からの手紙~』第4話のネタバレと筆者の感想をまとめたページです。

読みたい項目をタップ

4話 前回おさらい

同じ学校で同学年、何より壱番隊の副隊長である龍星に不満を露わにする千冬。エクスカリバーを見送り、学校へ。

それから学校で出くわした龍星の様子がどこかおかしかったことから、尾行することにしました。行く先々で見失うことがあったものの、花束を持った龍星が病院に入っていく姿を目撃します。

龍星の目的は夜行童子の奴らにやられたチュウの見舞い。しばらく隠れて2人の会話を聞いていた千冬でしたが、エクスカリバーが病室に入ってきたことに驚きます。

龍星はエクスカリバーにロナウジーニョという名をつけ、そのことに納得がいかない千冬は龍星と口論に発展。その後にやってきた場地に制止され、こいつはペケJだと紹介されました。

4話 本編ネタバレ

千冬は鬼羅美威(キラービー)との抗争に向け、アドバイスしてもらおうと場地の教室へ。そしてガリ勉姿の馬場。しかしクラス内の生徒たちは場地が不良に絡まれていると思っており、場地の本当の姿を知りません。

迷惑を掛けられた場地は千冬を屋上へ呼び出し、処方箋という名の内申書に響くから校内で絡んでくるときは普通の恰好をしろと命令します。

とはいえ千冬は今までも、これからもリーゼントで生きていこうと考えていたため、普通の格好というのが分からず……。ときには場地と同じようなガリ勉姿となり赴くも拒否され、ときには同級生に助力を求めるも彼らの助言は全く役に立ちませんでした。

祖父の代から美容室をやっている龍星に手伝ってもらうも、これまで以上にボリュームのあるリーゼントにされ、校内を走り回る千冬です。そうして遭遇した場地に、普通の髪型というのが分からないと訴えたところ、場地は自分も普通の髪型なんて知らないと言い、適当に千冬の髪をいじります。

千冬はすっかり迷いが晴れ、屋上でいつか壱番隊の副隊長になってやると叫びますが、それと同時に学校に鬼羅美威の奴らが「場地を出せ!」と乗り込んできました。

つづく——。

4話 感想レビュー

リーゼントから原作内で今の髪型になった理由が、場地にあったことが判明。やはり今の千冬があるのは、場地との出会いがあったからこそということですね。

ガリ勉姿の千冬も見られて、千冬ファンにとって今回はより見どころある内容になっていたと言えます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
読みたい項目をタップ